男のマーキング行動6選!俺のものという男性心理はどんな行動に表れる?

恋愛

マーキングというのは自分のものに目印をつける行動のことですね。

男性はもともとの本能により、自分のなわばりを重要視します。

そのため周囲に向けて「彼女は俺のものアピール」をするのです。

今回は男のマーキング行動、俺のものという男性心理、俺のものアピールが強い男性には注意が必要かなどに関して紹介していきます。


TV CM放送中のミレニアル女性向けのキャリア支援サービス「シーライクス(SHE likes)」
無料体験レッスンで自分を見つめ直してみませんか?

男のマーキング行動6選!

男のマーキング行動にはどのようなものがあるのでしょうか。
紹介していきます。

1.キスマークをつけたがる・つけるのが好き

男のマーキング行動に「キスマークをつけたがる・つけるのが好き」というものがあります。
キスマークをつける行動というのは男のマーキング行動としては有名です。

他の男性を牽制するためにつけたり、自分が優越感にひたるためにつけたりするというパターンがあるようです。
彼女の都合を考えずに人から見えるところにどんどんつける男性もいれば、彼女しか気づかない場所につけたり、彼女も気づかないような場所につけたりする男性もいるようです。

しかしわざわざそのようにキスマークをつけるということは、彼女が他の男性のところにいってしまうのではないかと不安を感じている可能性もあります。
他の男性の影を感じたり不安になったりすることがなければあまりそのような行動には出ません。
俺のものアピールをしたいだけという可能性もありますが、不安になってそのような行動をしているのであれば不安にさせないようフォローをする必要がありますね。

また、キスマークをつけられると困ってしまう場合もありますよね。
彼は俺のものアピールをしたいだけだと思いますが、「つけられては困る」ということをしっかりと伝え、代わりにおそろいのものをつける提案をしてみるなどしてみましょう。

「素敵な出会いがほしい・・・」
婚活・恋活サービス特集はこちら♪
 

2.彼女の友達に会いたがる

男のマーキング行動に「.彼女の友達に会いたがる」というものがあります。
彼女の友達に会って「彼女は俺のものアピール」をするのもマーキング行動です。

なかなか彼女の友達に会いたがらない男性も多いものですが、俺のものアピールをしたい男性は逆で彼女の友達に会いたがるのです。
その際「いつも彼女と仲良くしてくれてありがとう」「彼女のことをよろしくね」と伝えるのです。
男友達だけではなく女友達にもすることがあるようです。

これは「彼女は俺のものだよ」「彼女のことを1番わかっているのは俺だよ」というマウントを取っているのです。
友達もその牽制は本能で伝わってくるものです。

そうすると自分と友達の関係も気まずくなってしまいますよね。
このようなマーキング行動や俺のものアピールをする男性と友達はなるべく会わせないほうがいいかもしれませんね。

3.自分がプレゼントしたものを身につけさせる

男のマーキング行動に「自分がプレゼントしたものを身につけさせる」というものがあります。
自分がプレゼントした物の中でも特にペアリングを身につけさせるというマーキング行動や俺のものアピールが多いようです。
たとえ婚約指輪でないにしても薬指に指輪をしていれば「恋人がいるのだろう」と男性は思いますよね。

ペアリングを彼女が普段身につけてくれていれば、「彼氏はいないかも」と思って寄ってくる男性が少なくなるというのが目的ですね。
仕事などでペアリングをつけられないのであればペアのネックレスやピアスをあげることも多いようです。

ペアでなかったとしても、女性がいつも同じアクセサリーをしていれば「恋人からもらったものかな?」と予想しますよね。
そのために、プレゼントしてくれたものを身につけさせるのです。
そうすればわざわざ自分で相手に牽制せずとも自分のものアピールができますね。

4.頻繁にLINEやメール・電話をする

男のマーキング行動に「頻繁にLINEやメール・電話をする」というものがあります。
付き合っているのですからいつでも会うことはできます。

それでも頻繁に連絡をするのは「自分とつながっていて欲しい」と思っているからです。
その中でも電話は片手間にはなかなかできず会話に集中する必要がありますよね。
特に大事な用事があるわけでもないのに頻繁にLINEやメール・電話をするというのは、自分に集中して欲しいという気持ちの表れなのです。

5.彼女の生活資金をすべて出そうとする

男のマーキング行動に「彼女の生活資金をすべて出そうとする」というものがあります。
生活資金を出してあげようとするのはただの優しさのように感じますよね。
さらに、援助してもらえるなら援助してもらいたいと思ってしまうものです。
しかしこれも男のマーキング行動や俺のものアピールのひとつなのです。

金銭的に助けてもらっているということは、女性は当然ですが感謝をしますよね。
しかしこれは「金銭的に助けてもらっている」といううしろめたさを女性に感じさせることになります。

そうなると浮気しないのはもちろんのこと、あまり強い態度に出ることもできませんよね。
何か不満があっても「援助してもらっているから我慢しよう」と思ってしまうのです。
金銭面で援助することで彼女を自分から離れさせなくする目的です。

これは色々な面で相手の男性に支配されてしまう可能性がありますので気をつける必要があります。
結婚していない段階で金銭的に依存するのはあまりよくありませんね。
このような男性の場合は別れる時に「別れるなら今まで支払ったお金を返せ」と言い出しかねません。

6.他の男性に見せつけるように彼女に触る

男のマーキング行動に「他の男性に見せつけるように彼女に触る」というものがあります。
これは他の男性に対して「彼女は俺のものアピール」をしているのです。
他の女性がいる前ではしないのに、他の男性がいる前で肩を抱き寄せてきたり手を握ってきたりする場合はほぼ間違いないでしょう。

しかしこれはキスマークをつける男性心理と同じで、他の男性に取られるかもしれないという不安を感じているため注意が必要です。
また、相手の男性は自分に興味を持っているわけでもないのに不必要にこのような俺のものアピールをされてしまうと女性側が恥ずかしいですよね。
あなたから積極的にスキンシップを取るなどして、相手の男性を安心させてあげるようにしましょう。

俺のものという男性心理は不安や支配欲から生まれる?依存心が強い彼には注意が必要!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。