• HOME
  • ブログ
  • 未分類
  • 彼氏に振られた時の返事の仕方を知りたい!別れを告げられた時の返事の例をチェック! 

彼氏に振られた時の返事の仕方を知りたい!別れを告げられた時の返事の例をチェック! 

未分類

彼氏に振られてしまった時、本当にショックを受けますよね。

この記事では、別れを告げられた時の返事の仕方を紹介していきます。

自分の気持ちを整理するためにも、ぜひ記事を読み進めてみてください。


TV CM放送中のミレニアル女性向けのキャリア支援サービス「シーライクス(SHE likes)」
無料体験レッスンで自分を見つめ直してみませんか?

彼氏に振られた時の返事の仕方を知りたい!

一緒に幸せな時間を過ごしていた、と思っていた大好きな彼氏。

そんな彼氏から、突然別れを告げられた時、女性はとても驚きますよね。

彼氏に振られた時の返事の仕方なんてわかりません。「なんで?どうして?」と考えて悲しくなったり、ショックを受けたり。

突然のことで取り乱して、感情的になってしまったり。 
呆然として、彼氏になんて言っていいかわからなくなってしまったりしますよね。

別れを告げられた時、とても残念ですが、もう彼氏はあなたに対して気持ちがありません。

今後の望む関係性にもよりますが、いずれにせよ振られた時の対応が重要となってきます。彼氏に振られた時の返事の仕方で、あなたの印象は大きく左右されるでしょう。

今回は、そんな振られた時の対応を幾つかのパターンに分け、お伝えしたいと思います。

彼氏に振られた時の返事の仕方で NGなパターンもあります。十分注意していきましょう。

「素敵な出会いがほしい・・・」
婚活・恋活サービス特集はこちら♪
 

スマリッジ

別れを告げられた時の返事は?振られた後のメール・LINEの返事の例はこちら

別れを告げられた時、まず大事なことは冷静になることです。

兎に角パニックにならないで!
振られた時の対応として重要なのは、事実を受け入れることです。

そういった意味で、メールやLINEは彼氏に振られた時の返事の仕方として有効です。

振られた後、多少なり自分を客観的に見ることができるし、時間をかけて準備したメールを返事することができます。

落着いた後で、メールやLINEをしてみましょう。

関係性を切らせてはいけないことからスタートです。

振られた後の最初のメールは「残念だけど、○○君との時間は楽しかったよ!」「○○君と付き合えてよかった!感謝しているよ!」等はどうでしょうか?

振られた後、彼氏に振られた時の返事の仕方として好ましいのは、いかに彼氏が返事を返しやすいかということです。

振られた時の対応としては、誰だって明るいメールの方が暗いメールよりも返事がしやすいですよね。

彼氏が喜びそうな返事をしたり、取りあえず彼氏の話に合わせるのも有効な手段です。

また、質問する時はYES、NOで返事ができる質問の仕方がベストです。

例えば、振られた後理由を聞きたい時、「○○君は私のどこが嫌いだったの?」と言うよりも、「○○婚は私の○○が嫌いだったのかな?」という方が返事はしやすくないでしょうか。

彼氏に振られた時の返事の仕方にそこまで考えるの?と思う人もいるでしょうが、別れを告げられた時から、あなたはもう彼女という立場を失っています。

メールの返事は、振られた後の再スタートという意識を持って行いましょう。

「私はこんなに好きなのに」ということは書かない

振られた後のメールやLINEをする上で、「私はこんなに好きなのに」ということは書かないようにしましょう。

突然大好きだった彼氏から振られてしまったら、「別れたくない!」と思うのは当然です。

しかし、あなたが別れを告げられた時、既に彼氏は「別れたい!」と思っているのです。

既にお互いが違う方向を向いているにもかかわらず、彼氏に振られた時の返事の仕方として、自分の感情をぶつけるのはかなり一方的な行為です。

あなたに気持ちがもうない彼氏にすがっても、面倒だと思われて悪い印象を残すだけです。 例えば、どうしても嫌いな食べ物を、相手に進め続けられることを想像してみてください。

あなたが「好き!」という度に、彼氏は「嫌い!」と思っていると言っても過言ではありません。

彼氏に振られた時の返事の仕方として「私はこんなに好きなのに」と伝えた場合、 
彼氏としては「もう好きじゃないから別れ話をしているのに…重たいな」と考えてしまうでしょう。

勿論、振られた時の対応で「私は○○君の彼女として~」や「私は○○君のなにもかも知っている」系の発言もNGです。 
恋愛は一方的では成立しません。

重たいな、面倒くさいな、と思わせないことが重要になってくるでしょう。あなたに対する長年の不満が募り、悩んだ結果あなたと別れたいのです。

だから、今になって「好き!」を強調するのは得策ではありません。追えば追うほど、あなたは嫌われます。

もしもあなたが復縁を考えているのであれば、追わない勇気を持つことが重要です。
どうしても伝えたい場合は、別れる事にはなっても嫌いにはなれない、という言い方などにしましょう。

彼氏に振られた時の返事の仕方として有効なのは、相手の人間性を尊重していると伝えること。

別れることにはなっても、あなたと一緒にいた日々はとても楽しかったと伝えることは悪いことではありません。

感謝の言葉をメール・LINE上で伝える

様々な理由があって別れに至ったとはいえ、2人で積み重ねた時間が消えるわけではありません。

付き合っていた時間の中では、お互いに尊重し合い、幸せな時間の方が多かったことでしょう。

別れを告げられた時はそんなことを思い出す余裕すらなくなってしまいます。 
一旦落ち着くためにも、折角の良い機会とポジティブに捉え、感謝の言葉を伝えてみましょう。

彼氏に振られた時の返事の仕方として、感謝を伝えることはとても有意義です。

振られた時の対応として、感謝の言葉をメールで伝えるときは、できれば彼氏の特徴を踏まえてみましょう。

あなたの彼氏が男らしい人であったなら、「あなたが引っ張ってくれたおかげで○○だった」や「あの時のあなたの決断力は尊敬していた」等でしょうか。

反対にやさしい人であったなら、「あなたの優しさのおかげで救われた」や「いつも優しくしてくれたおかげで○○だった」といった感じでメールしてみましょう。

具体例やあなた自身が成長できたことを述べた方がより効果的でしょう。 
 
ここでのもう一つのポイントは、「自分の言葉で」「本音で」返事をすることです。

繕った言葉では、「本当にあなたに感謝している」という気持ちでは無く、「私は感謝してあげている」という気持ちになりかねないからです。

もはや振られた後のあなたに怖いものはありません。素直に気持ちをぶつけてみましょう。 
あなたの彼氏に対する振られた時の対応から、相手がどういうメッセージを感じるかが重要なのです。

感謝の言葉はなかなか日常では言わないものだと思います。

彼氏が「ああ、実はこう思っていてくれたんだ」と感じて貰えば、今後の展開も変わってくるかもしれません。

ただ、相手に感謝の気持ちを伝えつつ、思い出を振り返る事が出来るなら、別れて時間が経ってから感謝をするのは辞めましょう。

感謝を伝えるのは、別れを告げられた時すぐが望ましく、時間が経ってしまっては意味がありません。

何をいまさら…?と思われかねませんし、前述した通り、「感謝してあげている私ってどう?」と捉えられかねません。

「体に気をつけてね」「幸せになってね」などの相手を思いやる文章を書く

あなたが別れを告げられた時、彼氏に対してどういう感情を持っているでしょうか?

昨日まで大好きだった彼氏なのですから、そんなにすぐに嫌いにはなれませんよね。

振られた後でもまだ彼氏のことを本当に好きなのであれば、「体に気をつけてね」「幸せになってね」などと相手を思いやる返事を書いてみましょう。

別れを告げられた時、積極的にぐいぐい話を続けるのはNGかもしれません。

でも振られた時の対応として、気遣いをされて「何を?!」と腹が立つ人は少ないでしょう。

状況が状況ではありますが、振られた後とはいえ、あなたが彼氏を大事に思っていること自体は悪いことではありません。

誰だって付き合った当初は別れることなんて想像していません。 
複合的なものではあるでしょうが、必ずあなたを振った理由があるはずです。

例えば、振った理由が「○○に集中したいから」や「今は恋愛をしている余裕が無いから」といった場合、相手を思いやることは非常に重要です。

「大変な時期だと思うから、体を壊さないように大事にしてね」「いつも努力していて偉いね、尊敬する。頑張りすぎだから風邪引かないようにね」等と返事をするのはいかがでしょうか。

ありふれた言葉ではありますが、男性は「こんなに思ってくれているんだ」や「自分がいないとだめだ、頼られているんだ」と言った自尊心を案外と大事にしているものです。 
振られた後でも思いやるメールが届くのは嫌なことではないでしょう。

彼氏にどんな理由があって、別れ話を切り出したのかは分かりませんが、どんな理由でも相手の幸せを思う心の広さには胸を打たれると思います。

振られた後にも、優しい心を持って返事ができることで、彼氏のあなたへの印象はとても良くなることでしょう。

彼に嫌な思いをさせていたのなら謝罪の言葉を書く

別れを告げられた時、彼氏には何かしらの理由があってその決断をしています。

もしもその理由が、何かあなたに関係するものだとしたら…。 
彼氏に振られた時の返事の仕方として、まずはそのことについて謝罪しましょう。

振られた後はなかなか冷静にはなれませんが、一旦落ち着いて今までの行動を振り返ってみましょう。

何か心当たりはありませんか? 
例えば彼氏に対して、わがままだったり、冷たかったり、マンネリ化していたり。

もちろん、相手の心変わりでお別れするパターンもありますが、意外と振られる側に原因があることが多いです。

振られた後一旦冷静になって振り返って、振られた理由の検討がついたなら、その理由別にしっかり謝りましょう。

ポイントなのは、ただ「ごめんなさい」と謝るだけではなく、何に対して謝っているかがわかるメール文になっていることです。

例えばあなたが彼氏に対して気遣いができていなかった場合。

「一緒にいることが当たり前になっていて、あなたに頼りすぎていた」「あなたの優しさに甘えて、わがままばかり言ってしまった」だから、「ごめんね」といった具合です。

また、マンネリ化していて振られてしまった場合。 
「最近マンネリ化していて、全然連絡してなかった」「自分からデートプランとか考えなくて、いつもあなた任せだった」。

だから、「ごめんね」などとメールをしましょう。

単純に謝るだけの返事だと、「結局何も分かってないな」と彼氏に思われてしまうことも。しっかりと何に対して謝っているのか、わかるような内容になっていることが重要です。

振られた時の対応として、まずはしっかり自分が至らなかった点は謝罪しましょう。 
そうすることで彼氏もあなたのことをもう一度見直してくれるかもしれません。

振られた時の対応が一番大事!少しでも復縁を考えているのなら困らせないこと

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。