次の仕事が決まってないけど辞めるのはアリ?30代までなら大丈夫か調査!

働き方

今の会社に満足していない、本当はやりたいことがあった・・などの理由で転職する人は多いですよね。
しかし今の自分は30代、しかも次の仕事は決まっていないとなると少し不安になってしまいますよね。

ただ、仕事をしながらの就職活動は時間も限られますし体力的にもかなりきついです。

今回は、30代で次の仕事が決まってないけど辞めるのはアリか、次の仕事が決まってないけど辞めても大丈夫なのはどのような人なのか紹介していきます。


TV CM放送中のミレニアル女性向けのキャリア支援サービス「シーライクス(SHE likes)」
無料体験レッスンで自分を見つめ直してみませんか?

次の仕事が決まってないけど辞めるのはアリ?30代でも仕事が決まってない状態で転職する
人は多い

30代で、次の仕事が決まっていないけど辞めるという選択をする人は割と多くいます。
次の仕事がいつ決まるかもわからないのに仕事を辞めるということは一見リスクが高そうですが、実は次のようなメリットもあります。

次の仕事が決まっていないけど辞めるメリット①
次の仕事が決まっていないけど辞めるメリットに「時間があるので資格などの勉強に時間がたっぷり使える」というものがあります。
退職をしてれば時間がたっぷりあるため資格の勉強やキャリアスクールに通うといった時間を取ることができます。
転職先で活かせる資格の勉強をしていたとなれば転職活動期間が多少長くなっても企業は気にしないものです。むしろ資格を持っていることで即戦力になる可能性がありますので企業は歓迎してくれます。

次の仕事が決まっていないけど辞めるメリット②
次の仕事が決まっていないけど辞めるメリットに「選考スケジュールが柔軟に決められる」というものがあります。
転職活動をしていると企業と選考日程を相談しますが、現在の仕事を続けているとその仕事の休みの日しか選考に参加できないため、企業にこちらの日程に合わせてもらうということになってしまいます。
そうすると選考スケジュールが合わず選考に時間がかかってしまうということが起きますが、退職していればそのようなことは起きず直近の日程で参加できるため選考がスムーズになります。
また、就職先の企業がいつから入社して欲しいというかはわからないものです。
退職していれば、「来月から入社して欲しい」という要望にもすぐに答えることができます。

次の仕事が決まっていないけど辞めるメリット③
次の仕事が決まっていないけど辞めるメリットに「転職活動に専念できる」というものがあります。
現在の仕事をしながらの就職活動はかなり忙しい状態になってしまいます。
転職活動をするにあたっての自己分析、面接を受けたい会社の情報収集は、思ったよりも時間がかかります。
30代の転職となると面接準備も念入りに行いたいですよね。
現在の仕事が忙しい期間と面接時期がかぶってしまうと、結局面接準備が十分にいかず、現在の仕事もうまくいかないし転職活動もうまくいかないという最悪のことになってしまいます。
本気で転職したいと考えているのであれば一旦退職し、すべて転職活動に振り切るというのはメリットがありそうですね。

次の仕事が決まってないけど辞めても大丈夫なのはこんな人!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。