転職先が決まってから退職までの期間は1ヶ月が目安?1ヶ月前だと非常識と言われることも?

働き方

転職先が決まってから退職までの期間は1ヶ月が目安!

転職先が決まってから、退職の意思を現職に伝え、正式に退職するまでの期間はおおよそ1ヶ月が目安だと言われています。
非常識と思われない退職希望の伝え方はどういうものなのか?転職先が決まってからどのように退職を伝え、手続きを進めたら良いのかなど、簡単にご紹介いたします。


TV CM放送中のミレニアル女性向けのキャリア支援サービス「シーライクス(SHE likes)」
無料体験レッスンで自分を見つめ直してみませんか?

退職を1ヶ月前に伝えるのは非常識と言われることも!?

転職先が決まってから退職を伝える場合、転職先の会社からも業務開始希望日が伝えられているのではないでしょうか?
ということは、あなたは現職に退職の希望日を伝えなければならない訳です。これも必要な手続きの1つです。

多くの場合の企業では、雇用契約に「退職希望日は1ヶ月前に上長に伝えること」と記載があるとは思います。退職日を伝える目安としても、大体1ヶ月前くらいが好ましいと言われています。もし万年人手不足の業種にあなたが勤めている場合は、辞めるという申し出は2ヶ月前などを目安にしても良いかもしれません。
ですが、いざ目安となる退職希望日の1ヶ月前に伝えると、「1ヶ月前に伝えるなんて、非常識だ!」と言ってくる上司もいます。雇用契約には「1ヶ月前に伝えること」と書いてあるにも関わらず、そのようなことを言われた場合には非常識でもなんでもありません。
これはあくまで一例ですが、あなたがあと1ヶ月で退職することで、その上司が考えていた1ヶ月先のプランが破綻する、ということがあるかもしれません。人員不足というのはどこの会社も同じことなので、1ヶ月先に今の業務の知見を持った人間が抜けるとなると、新しい人物を雇わなくてはならないというのは会社の常。ですが新人を見つけるのも、新人が入ったからといって一から仕事教えるのは苦労がいりますし時間のかかることです。このような場合には、例え雇用契約通りに退職の意向を伝えたしても、上司は「非常識だ!」と言ってくる事もあります。
上司という、人に仕事を采配する立ち位置の人からしたら、1ヶ月前に退職の希望を言われると、仕事の采配が難しくなるのです。あくまで上司というポジションならではの立場からの「非常識」という発言なので、あなたが気に病む必要は全くありません。

実際には、余程あなたが専門的な仕事をしているのではない限り、退職日を伝えるのは退職予定日の1ヶ月が目安です。所属している会社の雇用契約にもよるので一概に、絶対そうです!とは言い切れませんので、退職する前に雇用契約には一通り目を通しておきましょう。特に退職に関する項目は必読です。上司は毎日雇用契約を振り返って見ていることもないので、雇用に関する社内規定に反することをいうこともあるかもしれませんが、そこは心を強く持ちましょう。
ただし、目安となる1ヶ月前に退職日を伝えて「非常識だ!」と言われた場合には、一応の謝罪をしておきましょう。我々は社会人です。「非常識だ!」と言われたら「すみません」と言えばいいだけのことです。もし上司が「退職日が1ヶ月後だなんて認められない!」と言ってきたら、雇用契約の話を引き合いに出し、優しく教えてあげましょう。入社時に結んだ雇用契約は遵守されるべきものなので、「ちゃんと1ヶ月前を目安に伝えることと書いてありますよね?」という伝え方をするのがベストでしょう。

上司としては、あなたに会社に残っていて欲しいだけなのです。人員不足もありますが、上司としての評価が下がるという自己保身の可能性もあります。ですが会社や上司の都合に振り回される義理がなければ、雇用契約通りに目安となる1ヶ月前に伝えたことがちゃんとわかるように備えておくのが良いでしょう。上司に退職を申し出た時の日付を証拠に残したり、ボイスレコーダーで上司との会話を録音しておくのも有効な手です。
あなたが契約違反をしていない、「非常識」な人間だとされないためにも正当性を証明する用意は周到にした方が良いです。

転職先が決まってから退職の伝え方はこちら!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。